ネタバレパラダイス

ネタバレ感想・考察ブログ

えっこんなに?『アベンジャーズ』MCUフェーズ4の作品群

今回は、MCUフェーズ4についてまとめてみました。

(参考元)

disneyplus.disney.co.jp

MCUってなんですか?

マーベル・シネマティック・ユニバースの事です。従来の映画は、他の映画とは世界を共有していませんでした。例えば、スーパーマンのいる世界に、バットマンはいないのです。しかし、MCUの世界観ができた事により、今ではアイアンマンの世界にはソーがいて、キャプテンアメリカがいて、ハルクもいるのです。

このように世界を共有する事で、他の映画のヒーローが登場したり、複数のヒーローが集合する「アベンジャーズ」という作品が可能になりました。このような共有された世界での出来事を描く世界観が、MCUの特徴です。

MCUは、単品映画ごとのストーリー展開とは別に、フェーズという長い単位で、共通のストーリーを共有しています。現在はフェーズ3まで完結し、次のフェーズ4が始まっています。

フェーズ1から3は、実は全て共通のストーリー、サノス編であった事がフェーズ3アベンジャーズで判明しました。壮大なストーリーですね。

フェーズ4作品群

  1. 『ワンダヴィジョン』(ドラマ)
  2. 『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』(ドラマ)
  3. 『ロキ』(ドラマ)
  4. 『ブラック・ウィドウ』
  5. 『シャン・チー/テン・リングスの伝説』
  6. 『エターナルズ』
  7. 『ホワット・イフ...?』(ドラマ) ←ここまで公開済
  8. 『ホークアイ』(ドラマ)
  9. 『スパイダーマン:ノーウェイ・ホーム』 ←ここまで2021年公開予定
  10. 『ドクター・ストレンジ:イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス』
  11. 『ソー:ラブ・アンド・サンダー』
  12. 『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』
  13. 『ザ・マーベルズ』 ←ここまで2022年公開予定
  14. 『アントマン・アンド・ワスプ:クワントゥマニア』
  15. 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーVol.3』 ←ここまで2023年公開予定
  16. 『アイアンハート』 ←以下は公開予定のみ
  17. 『シークレット・インベージョン』(シールド長官主役?)
  18. 『ムーンナイト』
  19. 『シー・ハルク』(ハルク新作)
  20. 『アイアムグルート』(グルート短編ドラマ?)
  21. 『ファンタスティック・フォー』
  22. 『ブレイド』

判明している特徴

死んだアイアンマンの扱いが不明ですが、単品の公開作はアイアンマン3で止まっており、その後はスパイダーマンとアベンジャーズに出演していました。今後、彼の存在がどうなるのかは、公開予定タイトルからはまだ読み取れませんね。

そのほか、引退したキャプテンアメリカも単品公開はありません。これら2人以外のヒーローは続投する予定のようです。その分、作品数が多くなります。

新ヒーロー2作品がスタート

フェーズ4開始から新ヒーローとして、シャンチーとエターナルズが登場しました。ここから2023年初頭まで当分の間は既存のヒーローの続編が続くようです。

ファンタスティックフォーとブレイド

ファンタスティックフォーは、単品映画がMCU以前に公開されており、1度はリブートもされましたが、さほどヒットしなかったようです。MCU入りが囁かれていましたが、ようやく実現するのでしょうか。

ブレイドは、単品映画が3作まで出たヒット作で、ウェズリースナイプス主演の、今では古い映画です。こちらもMCU入りが囁かれていました。ついにブレイドもアベンジャーズ入りするのでしょうか。楽しみですね。さすがに、ウェズリースナイプスが主演を務める事はなさそうです。

多すぎです

現時点で予定されている作品数は22本。そのうちのいくつかはドラマシリーズなので、見終わるのには映画1本より時間がかかります。気の遠くなりそうな作品数ですね。

過去のアベンジャーズは、だいたい単品10本ぐらいごとに総集編的にアベンジャーズがやってきていました。この事から、22作品の後にアベンジャーズが来るというのは考えにくいです。

アーマー・ウォーズ

作品リストには載っていませんが、説明文の中に、「アーマー・ウォーズ」も公開予定と述べられています。これも足すと、23作品ですね。これは、アイアンマンの登場人物で、エンドゲームにも出ていた、ローズが活躍する映画のようです。

ローズは、アイアンマンからアイアンスーツを借りて協力している軍人です。ローズって誰?という人は、こちらの公式ページをどうぞ。

marvel.disney.co.jp

アベンジャーズは何本来る?

フェーズ3のアベンジャーズは、シリーズでは初めて、前後編の2本に分かれました。しかも、その2本の間には、単品映画も入りました。

フェーズ4の作品数が多い事から、アベンジャーズは前後編どころか、何回かに分けて、3本以上製作されるのでは?と思います。大きなテーマのストーリーが完結しなければ、1つのフェーズに納められます。22作品の上映が終わるのは、恐らく2025年頃でしょうから、トータルでアベンジャーズ映画は4本ぐらい出てくるのではないかと思います。

2025年?!

2000年以前に生まれた私としては、たった4年後なのですが、2025年という響きは未来過ぎますね。理由の1つとして、2000年以前に公開されたSF映画の多くは、その舞台が2025年前後だったりするので、以前未来とされていた時代が、ついに現実にやってきた事に起因します。

SF映画の不朽の名作、『2001年宇宙の旅』は、タイトルで分かるように、2001年の出来事です。今から20年前には映画の時代に追いついてしまったのです。

2021年という数字には特に感じるものはありませんが、2025年となると、もう未来ですね。生きている間に、いい映画をたくさん観ましょう。

ある映画では、「未来とは今の事である」と述べられていましたよ。