ネタバレパラダイス

ネタバレ感想・考察ブログ

程よいグロさ?『ブランニューチェリーフレーバー』のネタバレ感想・考察/Brand New Cherry Flavor (2021)

どーも、丸山です。 これ観ました。 

youtu.be

女性の復讐を描いた本作。なんとなくアイコン画像に惹かれて観たいと思ってチラ見するも、ながら観では内容が掴めませんでした。内容がかなり濃いので、しっかり集中して観ないと内容が分からないようです。
今回はしっかり全話鑑賞したところ面白い作品だったので、色々書いてみたいと思います。

これは何ですか?

 

「魔女活」です。

 

主演は?

ローサ・サラザールです。
いくつもの有名作に出演しており、最近では(素顔は見えませんが)「アリータ:バトル・エンジェル」の主役アリータを演じた女優さんです。

本作では、目力にソフトな強さのある映画監督を演じています。まだ若くて美人な彼女は、今後もたくさんの映画に出演することでしょう。

その他は?

  • ボロ:キャサリン・キーナー
  • ルー:エリック・ラング
  • ロイ:ジェフ・ウォード
  • メアリー:シエナ・ワーバー

鑑賞時間は報われる?

全8話です。1話が40分程度なので、すぐに観終わることができます。
話の内容が充実しており、展開も多いため、十分報われる作品だと思います!

どんな内容ですか?

映画監督を目指す女性が裏切りにより自分の作品を奪われます。
その復讐のために魔女と契約を交わします。
復讐が進むにつれ、彼女の身に予想外の変化が表れ始め、魔女の狙いが見えてきます。

みどころは?

シンプルなストーリー

内容が濃いため目が離せませんが、ストーリー自体はとてもシンプルで分かりやすい「復讐」のお話しです。

みんな美人で華やか

友人であるカップルの彼女は美女、彼氏はハンサムです。彼氏役のマニー・ジャシントはフィリピン人だそうです。(観たことのあるお笑い芸人みたいだなぁなんて言わないで)

キャサリン・キーナー演じるボロの正体は不明ですが、恐らく魔女のような感じでしょう。役が魔女なので、ちょっと奇抜なメイクをしていたりしますが、とても美人で、なおかつ魔女らしさも兼ね揃えた適役と言えるでしょう。このドラマを盛り上げる重要な役です。

ショートフィルムの内容が明らかに

冒頭では、ストーリーに影響があるとは予想できなかった、奪われた映画=「ルーシーの瞳」の内容。その内容が明らかになるシーンは注目ですね。
結構怖い映像なので、ご注意下さい。

タイトルの意味は?

恐らく、メインのアイコン画像が答えを表しているのでしょう。

ルーシー役を演じた右目の無いメアリーは、自分の右目がどこに行ったのか自覚していませんでした。しかし「ルーシーの瞳」を観た事で、「撮影中に自分で右目をくり抜いてそのまま囓って食べた」事を理解します。

メインアイコンで咥えられているチェリーには目がありますが、咥えているのは「自分の目を食べたメアリー」ではなく、リサです。そのため、ボロやルーが言うように、リサがメアリーを自分の意のままに操り、自分の映画撮影のために右目を犠牲にさせた=メアリーの目を映画撮影のための「新種のチェリー味」と比喩にしたのかな、と思います。
ブランニューには生まれたてなどの意味もあり、くり抜いたばかりの目を「生まれたてのチェリー」と比喩にしていると考えることもできます。いずれにしても本作のグロい部分をうまく表現しているように感じました。

※干からびたミイラのようなアイコン画像の時はハズレです。

Brand New Cherry Flavor/ポスターイメージ

引用元:https://www.imdb.com/title/tt11343600/

グロさはどの程度?

結構グロいシーンが何度も登場しますが、魔女活動の映像表現として必要性があり、グロさを推しているという印象はありません。

ただ、個人的には、リサが何度も吐き出した猫ちゃんが一度だけ脇腹から出てきた時は気持ち悪すぎました。続いて脇腹のヌメヌメした穴にロイが腕を挿入し喘ぎ声を出す映像は背筋が寒々としました。

続編はある?

ボロの目論見が分かり国外へ逃げるリサ、復讐が未遂のメアリー、リサの肉体を奪おうとするボロ、異界から接触してきたリサの母親を名乗る何か。彼女たちの行く末が描かれる前にドラマは終了しました。

通常ならシーズン2がありそうな展開なのですが、注目すべき点は、この作品が「リミテッドシリーズ」であることです。Netflixでのリミテッドシリーズとは通常、1シーズン完結で続編が制作されない作品に付記されます。
そのため、本作の続編は「あえて制作しない予定」なのかもしれません。

人気や反響が高ければ、制作される可能性も出てくると思います。
別の観点からは、この作品は「本が原作」であるため、原作を読んでね、ということなのかもしれません。

個人的には、映像にこだわりが感じられクオリティが高く、続きも気になりますので、続編に期待しています。

どこで観れますか?

Netflixオリジナルなので、Netflixでどうぞ。