ネタバレパラダイス

ネタバレ感想・考察ブログ

『ゆれる人魚』のネタバレ感想/Córki dancingu (2015)

どーも、丸山です。 これ観ました。

 

 

この映画は何ですか?

 

「人魚の恋」です。

 

良作ですか?

とてもよいです。オススメです。

ミュージカル要素がありますが、ソフトな歌唱シーンという程度ですので、ミュージカル映画が苦手な人にも観ていただけると思います。

どんな内容ですか?

ショーハウスを経営する一家が人魚姉妹を見つけ、ショーで歌わせます。人魚の妹が人間に恋をした事で人魚を捨てて人間になり、それが原因で声を失います。最後は、人間に恋した人魚はその人間を食べないと海の泡になるという人魚伝説が現実となります。

みどころは?

人魚姉妹の美しさ

人魚の姉妹が二人とも凄く美少女で、透き通るように白い肌とフレッシュな笑顔に癒やされます。驚くことにこの二人は全裸を披露します。恐れ入ります。

ショーシーン

人魚姉妹がステージで歌うシーンを愉しめます。

ショーハウス一家の親父が踊り狂う妙なシーンもあり、ヘタウマなダンスはなんとなく見入ってしまいます。

一家がスタイリッシュ

ショーハウス一家なだけあって、長男は長身スリムなイケメン、父親は半マフィア的で白スーツの似合う渋い親父、母親は神秘的な美しさ。みんなスタイリッシュでかっこいいのです。

凄い全裸

人魚姉妹は全裸で登場します。彼女たちは人間ではなく人魚なので、その全裸にモザイクはありません。人間姿の彼女たちには、肛門と性器がないようです。全く隠されない全裸というのは独特な印象を受けます。

 

人魚は恋した人間を食べるのか、または海の泡になって消えるのか。最後まで楽しめるリアルなおとぎ話のような映画で、とても好きな作品です。