ネタバレパラダイス

ネタバレ感想・考察ブログ

『ヘルボーイ/ ゴールデン・アーミー』のネタバレ感想/Hellboy II: The Golden Army (2008)

どーも、丸山です。 これ観ました。

 

この映画は何ですか?

 

「デルトロ監督の傑作」です。

 

良作ですか?

駄作も生み出すデルトロ監督の中でも頂点と言えるクオリティです。

回収が困難なレベルの製作費であったことが伺えます。

 

どんな内容ですか?

アメコミ原作ヘルボーイの映画化二作目です。

冒頭で語られるおとぎ話「ゴールデンアーミー」が実在し、その復活をもくろむ王子と戦い、ついにゴールデンアーミーが動き出します。

 

みどころは?

おとぎ話を映像化したような世界観

父役の教授が読み聞かせてくれるゴールデンアーミーの内容が、模型的なCGで描かれます。とてもクオリティが高く、価値のある映像です。

全編を通して、舞台の作り込みが完璧過ぎて、デルトロ監督の手腕が発揮されているのが分かります。

 

様々な改善

王子と王女が双子であり肉体が繋がっているという設定や、仲間が増えてチームで行動するなど、前作よりもかなりスケールアップしている点が魅力です。

 

幻の三部作

炎の王冠と完全な角は本作でも登場しており、リブート版が続編に見えてしまう理由の一つとなります。

ヘルボーイの映画化はデルトロ版が初であり、原作を読んでいない世界中のヘルボーイ鑑賞者には主演のロン・パールマンこそがヘルボーイのイメージとなりました。そのせいか、リブート版のヘルボーイの顔は特殊メイクにより、本作と同じような顔立ちになっています。全く違う役者なのにね。

 

正直なところ、一作目のヘルボーイはさほど面白いと思いませんでした。しかし本作はとても面白かったです。当然、三作目も期待していました。

事情は明かされていませんが、三作目の計画は何度も噂になりながら、監督が断念したとのコメントを出しています。

 

役者が変わってもいいので、続編が続いていくといいですね。