ネタバレパラダイス

ネタバレ感想・考察ブログ

『グローリー 消えた腕時計』のネタバレ感想/Slava (2016) a.k.a Glory

どーも、丸山です。 これ観ました。

www.imdb.com

この映画は何ですか?

 

「無反省悪女の冒険」です。

 

良作ですか?

あらすじが不足しており興味半分で観たところ、中心となる女性がなかなか酷い。

酷い人を観たいならば、オススメでしょう。

基本的に、「観なくていい映画」だと思います。

どんな内容ですか?

大量の現金を見つけて通報した職員が話題になり、所謂「時の人」となる。

自分の仕事最優先の女性が「時の人」の腕時計を一時的に預かったままその行方を失念。

自分は悪くないと思い込み、更に政治的な圧力までかけて時の人に身を引かせようとする。

発見した腕時計を返しに行くも、謝罪のない女性が復讐で殺される事を匂わせて終了。

みどころは?

てっきり時の人が主役かと思いきや、トラブルの原点である悪女が主人公になる構成です。悪女は一切反省や詫びがないので、観ていてストレスを感じるでしょう。

そのストレスが報われるためには、後で痛い目を見てもらう必要があります。一応、痛い目を見たと思われる想像を促すラストとなっています。

報復は直接的な映像ではないので、90分以上続いたストレスがスッキリするかというと、ちょっと物足りないですね。ストレスの方が強く残るでしょう。

時の人に関するストレス

この男性は吃音症のようですが、それに対する配慮が周囲に全くない点が不思議です。

彼の姿を見た人たちはその喋り方を笑いものにします。日本人感覚としては、笑うところではないように思うのですが、あちらの国では事情が違うのでしょうか。

残念なことに、吃音症の彼に周囲はやたらと喋らせるので、どうしてもストレスを感じます。この映画は吃音症がテーマではないため、そこに時間を割かれるのは鑑賞者にとってメリットがないからです。

恐らく、制作者は吃音の症状を、時の人が虐げられるという状況を作るために使っているのでしょう。しかし、この映画の面白さは、彼が吃音症ではなく普通に話すことができたとしても全く変わらないはずであり、彼を吃音症とした設定に疑問を感じます。

残念な邦題

「消えた腕時計」とタイトルに付くと、それがテーマかなと思ってしまいますが、原題では腕時計の事が触れられていない事から分かるように、それはテーマではありません。

栄光とは

Glory=栄光は、「時の人」となった男性の一時的な栄光、時の人をうまく取り上げた広報部の「悪女」の栄光、それぞれについての事だと考えられます。

そして本作が言いたいことは、栄光は永らえずにすぐに去ってしまうという事なのかもしれません。

冷たいラスト

鈍器を取ろうとする瞬間までで復讐に関する映像は終わり、その後は車内で妻を待つ夫の映像だけが固定視点で映ります。これは、妻が帰ってこない⇒殺されたと鑑賞者に想像させる映像です。直接的な表現を避けた復讐の完結であり、盛り上がりもなく絶望的な、冷たいラストと言えるでしょう。

 

真の「悪」は、無自覚であると言います。

悪いことをしたと自覚できないならば、謝ることもできないのでしょう。