ネタバレパラダイス

ネタバレ感想・考察ブログ

『アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち』のネタバレ感想/Stonehearst Asylum (2014)

どーも、丸山です。 これ観ました。

 

 

 

この映画は何ですか?

 

「びっくり病院」です。

 

良作ですか?

有名俳優複数。冒頭での驚き。ミステリアスな展開。予想外の結末。

良作の一つでしょう。

 

どんな内容ですか?

精神病院にやってきた新人医師が病院を救います。

冒頭早々で地下に監禁された人たちが実は本物の病院スタッフであり、患者たちに病院を乗っ取られた事が分かります。

地下の人たちを救うために新人医師が活躍します。

最終的に新人医師は偽物で、両想いの夫人を救うために潜入したことが分かりますが、新人医師がそもそも誰なのかは分からないままです。

 

邦題が残念な感じでB級感が漂いますが、内容はちゃんとした映画です。

 

見どころは?

複数の名優

マイケル・ケイン、デビッド・シューリス、シニード・キューザックなどが華やかさを添えます。

 

最近のマイケル・ケインはノーラン版のバットマンシリーズ、TENETなどで活躍していますね。

 

デビッド・シューリスは本当にいろんな作品に出演しているので、思い入れのある作品はそれぞれだと思いますが、目立ったところではハリーポッターシリーズへの出演でしょうか。個性的な顔立ち、特徴的な声が魅力の俳優さんです。

 

シニード・キューザックは優しい顔立ちが魅力的な女優さんです。現在はかなり高齢となってきました。

 

主演はジム・スタージェス

若くてイケメンすぎる顔立ちに嫉妬する男性が世界中にいるらしいです。甘すぎる顔に「バターみたいに溶けちゃう」女性も多いんですって。嫉妬の嵐ですね。

そのイケメンすぎる顔と演技力を活かして、「アップサイドダウン」では激甘な彼氏役を、「鑑定士と顔のない依頼人」ではピュアなふりした悪人を演じています。

普遍的なイケメン顔で個性的ではないので、際立って目立つ存在感はないものの、確かな演技力で多数の映画に出演しています。

出演当時は30歳付近。現在は40歳を超えたため、若くてイケメンという枠はさすがに厳しいでしょう。

今後どういう路線に着くのか、興味が湧きますね。

 

ケイト・ベッキンセイルはヒロイン役

とても美人ですが、本作での存在感はさほど大きくはないです。衣装が豪華すぎるから?スタッフが彼女の美貌を活かしきれていないから?ちょっともったいないですね。

 

ブレンダン・グリーソン

いろんな作品でちょくちょく見かける熊親父です。本作では髪長め、髭モフモフの理想的な熊っぷり。重厚な役柄で重宝されている熊俳優さんです。

頭髪ふさふさかと思いきや、ハイアングルシーンでは頭頂の禿が目立ちました。

映画ではいい雰囲気なのですが、Wikiの画像はイマイチですね。その他、画像検索で出てくる彼は優しい笑顔が多く、映画の中とは全く別の表情です。

出演作品は非常に多く、一度は目にしたことがある俳優さんではないでしょうか。

 

ベン・キングスレー

前述の熊親父以上に多数の出演作を持つ有名俳優さんです。

エグゼクティブ感のある個性的な顔のためか、院長などのトップ役職の出演が多い感じがしますね。

特に「シャッター・アイランド」では本作と同じく精神病院の院長を演じており、若干ギャグかと思ってしまいます。

この人が重用される主な理由は老齢で禿だからでしょう。もし若くて髪ふさふさだったら、こんなにたくさんの出演はないだろうと思います。禿万歳!

 

結末はハッピーエンドとなる、ある意味不思議な作品です。