ネタバレパラダイス

鑑賞後にお読み頂きたいブログです

エレファント・マン(1980)

どーも、丸山です。 これ観ました。

 

タイトルは聞いたことがある、というだけで、デヴィッド・リンチが監督という事もよく分かっていなかったほど、この映画には無関心でした。

 

一応リンチファンなので観てみたのですが、中盤ぐらいに気づきました。嗚呼これは、マルホランドドライブやロストハイウェイのような、娯楽作品ではないのだと。見た目の醜い男を題材にしたホラー的な作品だと勘違いしていたし、鑑賞後に調べたらエレファントマンが実在した人物を題材にした作品であることも分かりました。OMGですね。

 

恐らくとても有名な作品であり、様々な考察、感想が出尽くしている作品だろうと思います。

 

とはいえ、とりあえず普通に書いてみます。

まず気づいた点。若いけど顔ですぐ分かりますね!名優アンソニーホプキンスが主演です。若い顔のアンソニーを高画質で見ることができるという点で非常に貴重な作品ではないでしょうか。古い映画のほとんどは古いままで高画質化されることはないですから、今日において高齢の名優の若い頃のお顔を拝見できるのはとても貴重です。

 

最も重要な点は、医師であるアンソニー見世物小屋の興行師と自分を重ねるところでしょう。エレファントマンを救うために努力した後、結果的に改めて世間に晒してしまっているという反省。根本的な部分で重要な視点は、対象がエレファントマンという個別の人物に限定されるものではなく、日常的に、人への接し方を差別しているだろうという事でしょう。区別と差別の違いを見抜くのは難しい。簡単な場合もあるけれど、概ね難しいものです。差別なんてしてはいけない、していない。と思っている人が、自分では気づいていないだけである事が多い。と多くの人は想像しているでしょう。実際のところ、人の気持ちなんて分かりません。壁に包まれていますからね。

 

いつか人の気持ちが透けて見えるのが当たり前になる時代が来たら、人の価値観はどのように変わっていくのでしょうか。そのような時代は来ない方がいいと多くの人が思うでしょうか。結果は、みんなが思う方向に表れるでしょう。