ネタバレパラダイス

鑑賞後にお読み頂きたいブログです

意外に面白かった『パーフェクトワールド世界の謎を解け』

 どーも、丸山です。

 

これ観ました。

 


英語映画ではないので、原題不明。

世界の謎を解く映画、ではないようでした。

パーフェクトワールドで検索すると、当作品に到達するのは至難。上記リンクから行くのが確実です。副題は日本で付けられたものと思われます。

 

 

ハリウッドのような、ヒット作制作雛形みたいな型にはまっていない感じが、「あー映画ってやっぱりこういう先の読めなさ、知らない世界観っていいな」と思ったのでした。

 

主な設定としては、主人公が平行世界的な異世界との関所の管理人になる。というストーリーで、それ以上でもそれ以下でもない。って感じ。

導入部の、「自分を誰も覚えていない」という点をすぐに本人が納得してしまうのも、塔の管理人という役割を理解したからですが、導入部で先を期待しちゃうと外しますね。そういうサスペンス系ではないです。

 

異世界は、ちょっとずつ世界の時間が違っていて、少し遅れている世界や、戦争が起こらなかった世界、未来の世界などがあります。みんなが探していた失われた未来の世界が実は、他の世界を実験に使っていた一番先進的な世界で、意図的に閉ざされていたとは・・・という結末。

ロシア映画っぽいですが、安っぽさはなく、それでいてなかなか低予算で作れそうな映像なので、ぜひ続編も期待したい。

 

マトリョーシカってそういう物だったんだ!