ネタバレパラダイス

鑑賞後にお読み頂きたいブログです

スターウォーズ スカイウォーカーの夜明け

サブタイトルダサいな・・・

 

どーも、丸山です。

 

観てきましたよ、Episode Ⅸ。

 

賛否両論なんだとか?知りませんけど。ディズニーの物になった時点で別物だと思っているので丸山はその辺気にしません。トルーパーの歩き方ひとつ取っても全く違う。もうルーカスの映画ではないので、もしルーカスだったらとか、そういう視点で評価するのは不当かなと。むしろシリーズ展開を広げてくれたディズニーのおかげで関連作も量産され、ルーカスの世界観を引き継ぐ努力も実って見事シリーズを大完結に導いた。これは歓迎すべきことです。

 

さて、肝心の本作ですが、EP-ⅦとⅧはまだブログを始めていなかったのでSWについて書くのは初になります。まーよくも唐突にパルパティーンは生きていたとかやっちゃったもんだなぁというのが第一印象。だって、最初のあらすじで言っちゃってるんだもんw

 

パルパティーン皇帝といえばシリーズを通じてベイダーと共に悪の頂点に立ち、テーマソングだけで「あ、ベイダー来たww」って思わせるほど有名かつ強すぎるダースベイダーの更に上に立つパルパティーン。ルーカスのシリーズで倒されているため、ディズニー三部作でのベイダーは、その影を追うカイロレンによってのみ、存在が表されていました。当然パルパティーンの事なんて、EP-Ⅷまでは一切触れられない。

 

ところが急に「生きていた」。えーwww ってなりますよねw

なんかここまで築き上げてきたもの全部ぶちこわしみたいな。もちろん、冷静に観れば、ルークが追い続けて途中までは探せていたと話は繋がってはいるけれど、最終作のあらすじでいきなりそれ言われちゃうと「えっ?w」ってなります。怒り狂ったルーカス信者は多いことでしょう。知らんわそんなんw 丸山はSWファンではなくただの映画ファンなので、その辺はどーでもいいです。面白ければ。

 

でもね。前半からずっと「雑なシナリオだなー」って思ってました。展開も設定も。そして中間ぐらいにはなんと、飽きてました。「つまらないな・・・」と心でつぶやきました。マジでつまらないんだもんw まさかSWを観ていてつまらないと思うとは。

 

そこからどう火が付いたのか思い出せないんだけど、一言で言うと、後半はすっごい面白かったですw アドレナリン大量放出でした。レイが生き返ったシーンからはずっと泣いて観てました。前半面白くなかったことなんかどーでもよくなっちゃうほど。

 

レイアを死なせてまでベンにテレパシーする必要あるか???(死ななくてもいいんじゃない)って思いながら観たけど、最後まで観ると、この映画はルーカスが始めたSWシリーズを(いったんは)全て完結させる終わらせ方にしたかった事が分かるので、レイアはどこかで死ななければならなかった、となるとベンに、ってなるのは最終的には納得できる。

パルパティーン機械仕掛けになってるのはかなりコメディ。アサシンクリードか!って思った。レイアの修行中に浮遊座禅してるから「いつの間にそんな強力なジェダイに?」って思ったけど念力で電気ビーム飛ばした辺りから「これは血筋に問題があるな」ってなってきた途端にカイロレンからの「お前孫娘やで」って。あーあやっちゃった感w フォースの習得の早さが異常だった理由付けにはなるけど、まさかのカイロレンを通じたおじいちゃんからの「私はお前の祖父だよ」伝言。

 

映画界で最も有名で、かつ観てない人には言っちゃいけないあのセリフ。

 

I am your father.

 

そこに1世代挟んで、

 

私はお前の爺さんだよ(パルパティーン♪)

 

これはもうコメディ通り越してパロディかと。熱心なファンは顎が外れたでしょうね。

パルパティーンが自分で言っちゃうと正にパロディになっちゃうので、それを避けるためにはカイロレンに言わせなければならなかった。本来は本人から聞かされるべき内容を、カイロレンから告げられる展開になったのは、ルーカス作品で既に身内明かしネタは使用済みだったから。そして、主人公であるレイを「なんかわかんないけど最初から強いキャラ」にするための設定として、皇帝の孫とするのが都合が良かったこと。諸々の事情からそうなったのでしょう。あえて似たような設定を踏襲することで、オマージュ的な効果も生じますしね。本来あり得ないような告白のはずなのに、身に覚えがあるという設定からレイはさほど否定もせず受け入れちゃいました。あははw 記憶が確かならば、9作品中で電気ビーム出せるのはパルパティーンだけなので、同じビーム出ちゃったレイが普通じゃないのはよく分かる。「チューバッカ!!」って凄い裏声の悲鳴はレイの演技の中で最高潮に達してましたね。ああ、チューイお前もか。って思ったらすぐ生きてるの分かっちゃうし。旧作メンバーはみんな死亡かと思ったら違った。

 

3POの記憶なくなる設定も、はてはて・・・あの設定必要だったかね?シス語翻訳時に目が赤くなる必要あったかね?カイロレンの新マスク、わざわざ鋳造?して、継ぎ目赤くLEDで光らせる必要あったかね?など色々突っ込みどころが多いけど、結局簡単に戻っちゃう記憶。前半のつまらなさは、ディズニーお得意の笑い多め調整のせいだと思う。ディズニー三部作はずっと笑いが多めだったけど、今回も前半は笑いが多かった。後半になって面白くなったのは、笑いを入れる隙がなくなっていったからかもしれない。ディズニーのお笑い娯楽仕様が利いたのは前半までで、後半はまじめに作らざるを得なくなったのかも。SWにああいうテイストの笑いはない方がいいと思うんだけどディズニーだからしゃーない。ディズニーは笑いがなければ娯楽じゃないと思っているんだきっと。

 

ウェイファインダーなるものを探すためにカイロレンとレイはすんごい高波の中で闘うのだけど、これは明らかにEP-Ⅲの溶岩の中での戦いに対比させている。荒波感が凄いので迫力はあるんだけど、びしょ濡れでむくれ顔のカイロレンが飛沫の中から出てくるシーンはちょっと悲壮感が過ぎたと思うw

 

要素大杉て全部書いてるときりがないから終盤へ。

パルパティーン対峙に向かったレイが玉座を見つけた時、あーこれはパルパティーンが「自分が呼び寄せたって言うよね」って思った。先読みが鈍い(この方が映画は楽しめるから気に入っている)丸山でさえすぐ分かる展開だった。その頃空では来ないと思った援軍が、恐らく世界中で誰も想像しなかった規模で大挙してきた!ランド大活躍!ハンソロでヤングランドを出したと思ったら「飛ばない宣言」のオールドランドが出てきて「お前もか」って思ったけど、実は一番活躍した人となりましたね。そして、多分普通の映画ファンなら忘れていると思うけど、ファルコン号はハンソロが賭けで勝ち取ったとかで、元はランドの船。ランドとチューイがファルコン号で「こっちの方が早いぜ!」ってフィンを救出に行くシーンには胸アツでした。

レイが「ベンの手を取りたかった」というシーンは好き。あの一言がレイのカイロレンへのイメージを一気に変えた。この展開はとても良かった。

カイロレンが死ぬシーンも良かった。ハンソロ出さなくても良かったんじゃないのって思ったけど。。昔の髪型まで再現させて。。。クロスセイバーを海に捨てちゃったせいで、レイの元にかけつけたベンはめっちゃ私服で「今部屋で寛いでたんだよね」って感じで戦闘に加わる。もうちょっとましな服装あったろうに・・・。

 

ディズニーになってから、フォースは空間を超える力に格上げされてしまった。それは最終的に、レンがベンにライトセイバーをテレポート渡しするための伏線だったと思わせるほど。フォースでお互いを見つめ合って通じ合い、武器を渡す。これはかっこよかった。都合良すぎっちゃよすぎだけど、ベンは海に捨てちゃったので、テレポート渡しは必然だった。

しかしまさかの「二人のエネルギー頂き~!」によって皇帝の目がユンケル飲んだ後みたいに爛々と光り、現役時代に若返ってしまった。あわわ。さすがユンケル黄帝液(皇帝の字ちが)

 

そしてレイ。

先代達とフォースで繋がり、出てきたアドバイスは「フォースを感じて立ち上がれ」死にかけなのにスパルタだな。でもフォースを感じようとするレイの目は輝いていた。レイ大好き。

レイアの予言通りに2本のライトセイバーで皇帝返しをして、なんと二人から生命エネルギークラスのフォース媒体みたいのを吸い尽くした皇帝に気合いで勝っちゃった。もうアドレナリン出まくってるからこの辺の展開がごり押しなのは観てるときは気にならなかったけどこうやって文字にするとなんて安っぽいんだw しかしまさかの目を開けたまま倒れちゃったレイ。え、これまさか死んだ?燃え尽きて灰になっただけ?起きなかったので死んじゃったようです。なんてこった!と間を置かずに落っことされたベンが這い上がってきて、レイに生命エネルギーを伝送。少し間が空いたのは、彼女が死んでいること、自分がすべきことを理解する時間だったのでしょう、マトリックスのトリニティーのように死から蘇っちゃいました。ああ感動。キスも許せる。でも悲しいことにベン消えちゃったんだ・・・ルークのように、透明になって消えていった。あの仕組みはどうなってるの?w あれもちゃんと伏線があって、荒波バトルでレイが自分で刺した傷を癒やしてあげたから、ベンがフォースの使い方を学んだっていう流れなんだよね。こうやって辿っていくとディズニーSWは伏線だらけ。レイが生き返ったのはいいけど、なんでベンは死んじゃうし消えちゃうの・・・?仕組みは分からないけど悲しい。せっかく通じ合えて、レイが生き返って、キスまでしたのに、その直後に消えてしまうなんて。でも、後半は全てが正解。全てが面白く、興奮も感動も最高に繋がっていった。ディズニー力なのか、JJ力なのか分からないけど、いい作品になったんじゃないかなぁー・・・と思います。前半はクソだけどね。

 

まだ他にも書きたいことはたくさんあるけど、三部作を通して言えるただ一つのことは、レイありきの映画だったこと。レイを演じるデイジーリドリーの演技があってこそ成立した物語だったと思う。彼女の演じたレイのもたらした功績は大きい。ルークを演じたマークハミル以上に凄いと思う。彼女の目の輝きは素晴らしい。フォースありそうだしw そしてもう一つ加えたいのはフィンの存在。フィンはなぜかライトセイバーを使えたし、具体的には何もないけどフォースを信じていた。フィンはジェダイ以外で初めてフォースを感じた人のように書いているサイトがあるけど違う。ローグワンでチアルートがフォースを信じて進むシーンがある。フォースないでしょって思わせて、彼は一切弾に当たらず進むことに成功している。彼はフォースを「信じる」側の人だけど、その思いはフォースに通じていたと思うのが正しいはず。マスタールークの教えから。そんな前提があるからこそ、フィンの存在は、フォースと、ジェダイの復興を予感させるとても素晴らしい存在だった。

 

最後に。ポーが遺言で将軍となり、困り果てた挙げ句にフィンに一緒に指揮を執ってくれと頼み、二人体制で部隊を仕切っていた。これは現代社会を反映していると思われる。一人の有能で人望もあって何もかも揃っている指揮官ではなく、がらくた漁り(本作ではやたらこの単語が繰り返し使われていた)からレジスタンスになり様々な壁に当たりながら行くべき道が見えず悩み人の上に立てないと泣きついた末にフィンに頼る。これは有名企業に有名人が1人いるといった「頂点型」の社会システムで一人の天才に頼るよりも、普通の人でもみんなで力を合わせて頑張ろうぜっていう「協力型」の社会システムのほうが今の庶民の価値観にマッチするという事だと思っている。誰もがヒーローに憧れる、でも実際にはヒーローにはなれないでしょ?でも力を合わせればみんながヒーローになれるんだぜ、みたいな。

手の届かない夢より、手の届く夢を与えてくれるという役割を、ディズニーが仕込んでくれたのだと思っています。

 

でも前半はクソだぜ。日本語のサブタイトルもクソだ。三部作通じてファーストオーダーって何?の答えがまさかのファイナルオーダーに続くからだったのか!っていう皇帝オチも、頑張って観ようぜ!

 

伏線プログラムにご参加頂き誠にありがとうございます編だと思って参加しよう。後半は面白いはずだ。

 

以上!