ネタバレパラダイス

鑑賞後にお読み頂きたいブログです

アド・アストラ

なんだこの地味な映画は・・・。

 

どーも丸山です。

 

www.foxmovies-jp.com

なんとも微妙な映画を作ったもんですね。戦犯は監督でしょうか?

ブラピがSFなんて珍しいって思ったのと、落下していくシーンが印象的な番宣から、観に行きたいなって思ったわけですが。

 

落下シーンは開始すぐに比較的どうでもいい出来事として発生します。取って付けたようなシーンです。冒頭の掴みとして演出として足しただけって感じ。後半へのシナリオの展開は全くありません。盛り上がるのはこの部分だけ。あとは最後まで終始一貫して静的な映画です。感覚的には上映時間の大半がブラピの独り言で進んでいきます。合わない人が多そうな映画です。とにかく静かな映画が観たい!という人には全力でお勧めできます。

 

ストーリーの展開はこんな感じでしたね。量的な多少は別として。

・地球外からの災害が地球を遅う。

・消息不明の英雄宇宙飛行士が犯人らしい。

・犯人の息子ブラピに説得させよう。

・軍の指示通りに話さないブラピを交渉役から外す。

・ブラピ勝手に宇宙船に乗りむ。

・「始末しろ」という指示で争った船員全員死亡。

・単独で父のところに向かうブラピ。

・停泊宇宙船に乗ったら父いた。

・だだをこねて宇宙に消えていく父。

・同じく宇宙に取り残されたブラピ。

・宇宙人が帰還のヒントをライトで照らしてヘルプしてくれる。

・無事に地球に帰還。

・父は熱心に宇宙人を遠くへ遠くへと探し続けて最後は宇宙に消えていったが、実はすぐそばに宇宙人はいて、息子はそれに気がついた。父がなしえなかった成果を持って息子は帰還した。

・この映画の結論:「宇宙人いた」

 

こんな感じ。この映画が哲学作品であるとタイトルかコピーかキャスティングなど何かしらで分かって観に行くならば、ありかもしれません。しかしブラピが出てるSF作品としては、期待外れな人が少なくないのではと思います。

 

だいぶ老けてきたブラピ。こういった、彼の出演歴にないような作品に出てみたかったのでしょうね。でも出ない方が良かった気がします。あまり光ってません。この映画を観ながらずっと思っていたのは、「ゼログラビティ観たい」でした。帰ってすぐ観てみましたが、天地の差ですね。娯楽性が全然違います。この作品が娯楽作品ではないのだと豪語する人がいたならば、「映画は娯楽ですよ」と言いたい。だから、哲学作品だと定義済みで上映されたならば特に不満はありません。そして、ブラピは宇宙に似合わない。そう思ったのは、ジョージクルーニーが宇宙に似合いすぎていたからです。ジョージクルーニーファンではないので、特に彼をかっこいいと思ったことはありませんが、この映画を観た後にゼログラビティで観た彼は、めちゃくちゃかっこ良かったですw 声も、顔も、全てが宇宙に似合っている。ブラピは何もかもが宇宙に映えない。逆に、この映画にジョージクルーニーが出たとしても、またつまらない映画だったでしょうね。彼は女性が絡まないと映えないと思う。ブラピはやっぱり、ファイトクラブみたいにちょっとクレイジーで暴力的な役が似合うと思います。観たいとは思わないけれど、アルマゲドンのキャスティングと演出でこの映画を作ったならば、もっと「泣ける娯楽作」として大ヒット間違い無しだったのでは。作風がこんな感じになっていることが非常に残念です。

 

映画館でぐっすり眠れる映画としてはピカイチでしょう。いびきさえかかなければね。